読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015天平祭開催

紅葉のニュースが流れるようになりました。秋が深まっています。

平城京の都のあった奈良市で、天平祭(平成27年10月31日(土)~11月8日(日))が開催されます。奈良時代は、400年も続いた平安時代の陰に隠れてしまいがちですが、正倉院に現代までもその御物が残っている聖武天皇のご在位された時代ですから、興味深い出来事がたくさんありますね。大仏の造立(752)、鑑真大和上の渡来(753)、弓削の道鏡の出現(765)などです。奈良時代天皇は、元明、元正、聖武孝謙淳仁、称徳、光仁、と続きます。

天平祭の今年のテーマは「花の展示と古代行事の再現」です。奈良時代の華やかな様子を再現した「天平花絵巻、、唐の文化を運んできた「花の遣唐使船」、奈良時代に盛んだった仮面舞踏劇「伎楽(ぎがく)」の再現、平城京内を警護していた「衛士隊の再現」、国内外の伝統芸能や人気アーティストによるライブを行う「第一次大極殿特設ステージ」、奈良時代の衣装を着て宮跡内を散策できる「天平衣装体験」、奈良の美味しいが集まり、ものづくりも体験できる、「食とものづくりの天平マルシェ」などの盛りだくさんな内容です。