W杯フランス2度目の優勝

今日は7月17日、東京は晴れています。気温は32度。昨日で東京の「おぼん」は終わりましたね。うちでは「送り火」を焚きました。

サッカーW杯決勝は、15日モスクワのルジニキ競技場で行われました。フランスVSクロアチアです。結果は4-2でフランスの勝利。しかしクロアチアも健闘しましたね。クロアチアは、3試合連続で延長戦を戦って初めて決勝にまで進んできたチーム、疲労もあったでしょう。

試合経過は、前半18分にクロアチアの「オウンゴール」でフランスが先制。オウンゴールは誤って自陣のゴールにボールを入れてしまうこと。しかし28分にクロアチアペリシッチ選手の2試合連続のゴールで同点。しかしフランスは34分に、攻撃の中心グリーズマン選手がペナルティキックを決めふったび2-1とリード。

後半に入って、フランスは攻撃を緩めず、14分に守備的ミッドフィルダーのポグバ選手、,20分に19歳のフォワード、エムバペ選手が、立て続けに豪快なミドルシュートを決め4-1と大きく差を広げました。これに対してクロアチアは、試合を捨てることなく、フランス守備陣を切り崩し、24分に相手Gkのミスを誘い出し、マンジュキッチがゴールを決め4-2としましたが、フランスはこの後守備を一層固め、追加点を許しませんでした。

決勝の最優秀選手(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたのは、フランスのフォワード、グリーズマン選手でした。

次のW杯は2022年にカタールで開催。

ポイントの災害支援に協力しよう

今月6日西日本を襲った豪雨による被害は、甚大な被になりました。全国で192人が死亡し、4人が心肺停止の状態になり、67人の安否が不明という状況です。主なところを挙げれば、中国地方では広島県84人。岡山県26人。愛媛県26人。死者数名はほとんどの県にわたっている。

なぜこのような豪雨になったのか。

一つには「梅雨前線の停滞」があります。2つ目には、その梅雨前線に「大量の水蒸気を含んだ空気の流入」です。このためにたくさんの積乱雲が発生するという「バックビルディング」現象のための豪雨になったようです。

土砂降りの雨の次の日はカンカン照りの天気。体調を崩す人が続出しています。政府による支援、各地域からの援助物資は、神からの贈り物でしょう。私も微力ながら「ポイントによる支援」を行いました。個人の力は小さいがたくさん集まれば大きな力になります。皆さんもサイトによる災害支援活動に協力しましょうね。

オウム真理教事件の死刑囚ら7人、断頭台の露と消える

今日の東京は雨が降ったりやんだりの天気、梅雨が明けたとは思えませんね。台風の影響なんでしょうが。しかし気温は23度で過ごしやすいです。

オウム真理教事件とは、オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)が救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、世界各国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行した事件である。

たくさん反社会的事件を起こしているが、平成7年3月20日の「地下鉄サリン事件」が有名ですね。事件の起きた東京メトは都民の足ですから、その車両内で「サリン」という薬物による大量殺傷事件が起きたことは、都民を震撼させたことでしょう。このような凶行が再び起こらないことを祈ります。

法務省の発表によると、今日未明、死刑が執行されたのは、次の7人の死刑囚です。
松本智津夫死刑囚(63)

✖早川紀代秀死刑囚(68)、

✖井上嘉浩死刑囚(48)、

新実智光死刑囚(54)

✖土谷正実死刑囚(53)

✖中川智正死刑囚(55)

遠藤誠一死刑囚(58)

W杯日本代表残念、逆転負け!

今日は7月4日、東京は曇りです、台風の影響ですね。各地で大雨を降らしているようですね。東京も今夜半ぐらいから雨になるといってます。大雨による土砂災害が心配です。

3日AM3:00に行われたW杯日本VSベルギーの試合はどうなったのでしょうか。3日の新聞には時間の関係で載ってはいません。今日4日の新聞になりました。テレビもなぜか放送を控えていたような感じがしますね。3日の朝のニュースで1番に放送されるはずなのですがね。

日本はベルギーに3-2で逆転負けしたようですね。しかも同点であったのにロスタイムに1点を入れられるという「悔しい」負け。ベルギーは世界ランキング3位の本領発揮です。

W杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦は、ロストフナドヌーなどで行われ、H組2位の日本はG組1位のベルギーと3日AM3:00に対戦しました。

試合は前半はベルギーに攻め込まれるが、堅い守りで無失点で終了。後半になって試合は動きました。後半3分に日本の原口元気(ハノーバ)選手が右足で左隅にゴールを決め、続いて乾貴士ベティス)選手が鮮やかなミドルシュートを右隅にゴールし、2-0と差を広げました。これに対してベルギーは24分にフェルトンゲン選手がヘディングの浮き球をゴールし1点、29分にもフェライニ選手にヘディングでゴールされ、アッという間に2-2の同点に追いつかれました。そしてロスタイムに入って、ベルギーは日本のCKを奪い取り、カウンターを仕掛け、シャドリ選手のゴールで逆転勝利。

日本のW杯初の準々決勝進出はなりませんでした。

落語の桂歌丸さん81歳で逝去

今日は7月3日、東京は晴れでしたが、台風7号の影響か風がありました。暑い日は変わりませんが、風があると暑さを感じる度合いがだいぶ違いますね。夜になって気温もだいぶ下がり今は26度ぐらいです。明日は曇りのようですね。

落語の桂歌丸さんがお亡くなりになりましたね。慢性閉塞性肺疾患のため2日午前11時43分、横浜市内の病院で亡くなったそうです。享年81才。

桂歌丸さんは、私は「笑点」という番組で知りました。三遊亭小円遊とのやり取りが面白かったです。懐かしいですね。この番組は、1966年(昭和41年)5月15日から日本テレビで放送され、桂歌丸さんは最初からのメンバーですね。

落語は、さらりとした味のある語り口が持ち味でした。近代落語の祖と言われる三遊亭円朝の長編の怪談噺に次々に挑戦したほか、これまで埋もれていた落語の掘り起こしに長年取り組むなど、古典落語の本格派として高い人気を博しました。

晩年の桂歌丸さんは、病との戦いに明け暮れながらも、精力的に高座に上がり、落語への執念を感じました。ご冥福をお祈りします。

お知らせ

申し訳ありませんが、今までのブログのデザインだと、記事が途中でかけて表示されたりするので、デザインを変えてみました。このデザインだと「正常」に表示されるのでこれでこれからは続けたいと思います。よろしくご愛読下さい。

日本の隠れキリシタンの遺跡「世界遺産へ」

 今年も世界遺産委員会」が、6月24日から中東のバーレーンの首都マナマで開かれていましたが、日本が推薦している「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の「世界文化遺産への登録」を決定しました。この結果、国内の世界遺産文化遺産が18件、自然遺産が4件の合わせて22件となりました。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」はキリスト教の信仰が禁じられた徳川時代の17世紀から19世紀にかけて、厳しい弾圧を受けながらも独自の形で信仰を続けた潜伏キリシタンの歴史を伝えるものです。長崎県熊本県の合わせて12の資産からなっています。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産》
南島原市の「原城
平戸市の「春日集落と安満岳」
平戸市の「中江ノ島
熊本県天草市の「天草の崎津集落」
長崎市の「外海の出津集落」
長崎市の「外海の大野集落」
佐世保市の「黒島の集落」
小値賀町の「野崎島の集落跡」
新上五島町の「頭ヶ島の集落」
五島市の「久賀島の集落」
五島市の「奈留島の江上集落」
長崎市の「大浦天主堂